映画スウィートノベンバー

ここではキアヌリーブス演じるネルソン、この男性は仕事一筋のエリート広告マンある日自動車免許更新の為試験を受ける事になります。

そこで試験中答えが解らなくなったネルソンは近くいにた女性サラに聞いた事でそれがばれてしまいそのお陰でなんとネルソンが合格しサラは1ヶ月後の再試験になってしまったのです。

結果それでネルソンは謝罪をするのですがこれがきっかけとなりサラから11月の1か月間私と一緒に過ごしてほしいと言われるのです。

あまりにも突然の事でしたがネルソンはこの時丁度恋人から別れを告げられ更に仕事もなくしていた事から同棲する事を決めそこから二人の生活が始まっていく事となります。

またここではある条件をつけられていましたね、それは一緒にいる間は仕事を一切しないと言う事、でもネルソンはある時仕事仲間から大きな仕事が見つかったとこれは大チャンスとばかり思わず約束を破ってしまう事に、ここはやっぱり仕事一筋と言う部分は消えていませんでした。

ただここのシーン仕事のチャンスではあったのですがネルソンはサラと過ごす事になった事で何が一番大事なのかと言う事に気づかされる事に、そしてサラの元へ戻りプロポーズするところは本当凄く良いシーンだったなと思います。

でもそれが一瞬の事だったのが残念、その後知らされる現実はネルソンにとってあまりにも悲しすぎまいしたね、実は意味があってサラはその為に1か月と言う期限を設けていたんだなとこれが解った時は本当泣けてきてしまいました。

最初は観ていて勝手でとてもわがままな女性だなと言う印象が強かったですが楽しく過ごす為にはそうするしかなかったのかもしれません。

また最後のシーンでは好きな人だからこそ見られたくない思いでサラが選択した事は良かったのか悪かったのかこれはとても難しい事ですがここもとても切なすぎる別れでもあったなと思います。

これはもっと早くネルソンに出会っていたらサラもまた少し変わっていたのかなと思いました。