母を説得で着たら宅配着物買取をお願いします

汚部屋やゴミ屋敷が話題になるたびに私も気をつけなければならないと思います。

特に年齢を重ねると、私より年下の有名人の訃報を目にすることが増えて焦りも感じます。

断捨離の難しさは物への執着を断ち切ることです。

ゴミ袋にいくつもの物を捨て、その後でまた色々なお買い物をしてしまうのは断捨離ではありません。

リバウンドしてしまうダイエットが無意味なのと同じです。

私は物への執着が強く、何でも貯めこみたいタイプです。

そして、貯めこんでおいた物が後々役に立つことも多々ありました。

子ども時代も結婚後もあまりお金に余裕がある暮しをしたことがないせいか、元々の性格なのか勿体無いという感覚が強いのです。

もちろん普段からゴミは捨てていますから、残っているのは私にとって意味がある物ばかりです。

当然、それらの取捨選択は短時間に簡単にはできません。

有り難かったのはネットオークションで、捨てるには惜しいけれども使わない物の処分に役立ちました。

贈答品や子どもが使ったスポーツ用品などは、安価で出品するととても喜ばれます。

知らない相手とのお金のやり取りは気を使い、手間隙もかかりますがそれ以上の喜びがあります。

無駄なゴミを出さずに済み、いくらかのお金が残ると思えば、迷っていた物への執着も捨てやすくなるのです。

いつか誰かに差し上げようと思っていた物がどんどん無くなりました。

本も捨てられない物の代表でしたが、何度も読み返す可能性が無いと判断したら古本屋さんに持ち込みました。

引き取り価格は雀の涙で、引き取り拒否された本は資源ごみとなります。

ただし、趣味関連の本は絶版本が多く図書館にも蔵書が無いので無理には処分しません。

洋服は比較的楽に断捨離でき、衣替えのたびに着ないままシーズンが終わった物を少しずつ処分中です。

楽な反面、2枚捨てたのに3枚買い足してしまいがちなので注意しています。

今、一番困っているのは和服です。

自分で着付けができないので、普段着はもちろん訪問着も喪服も着ることはありません。

帯や小物、肌着、履物など場所も取りますし、保管には気を使います。

いの一番に処分したいのですが、苦しい家計から買ってくれた母が嫌がるので見合わせています。

もし説得できたら宅配着物買取にお願いしようと思っています。

着物買取比較 | 宅配や出張買取で簡単に売ろう

断捨離はこれから先、自分自身がどういう風に暮していくかを考えながら進めなければなりません。

自分と向き合うためには時間も必要なので、じっくり少しずつ取り組んでいくつもりです。